INFORMATION

2018年3月9日​

小規模事業者持続化補助金

経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対して、50万円を上限に補助金(補助率2/3)がでます(審査あり)。例えば、ホームページを作成したり、PRチラシを作成・配付して、集客・売上アップをしたい!とお考えの方は、補助金が利用できるチャンスです。

1. 公募期間

平成30年3月9日(金)から平成30年5月18日(金)までとなります。

2. 補助対象者

 

補助対象者は、小規模事業者になります。

会社(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合、協同組合)と個人事業主が対象になります。

医師、歯科医師、助産師、一般社団法人、公益社団法人、一般財団法人、公益財団法人、医療法人、NPO法人、社会福祉法人、任意団体は対象になりません。また、申請時点で事業を行っていない創業予定者も対象から除かれています。

また、発行済株式等の50%を同一の大企業が所有する等の『みなし大企業』に該当する事業者は、対象者から除かれます。

3. 補助対象事業

経営計画に基づいて実施する、販路開拓等のための取り組み

​対象となる取り組み例

 ① 広告宣伝

 ・ 新たな顧客層の取り組みを狙い、チラシの作成・配布

 ② 集客力を高める店舗改装

 ・ 幅広い年代層の集客を図るための店舗のユニバーサルデザイン化

 ・ 小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修

 ③ 商談会・展示会への出店

 ・ 新たな販路を求め、国内外の展示会へ出店

 ④ 新たな商品・サービス提供のための製造機器の導入・試作品開発の実施

 ・ 3Dプリンターを導入し、新商品の開発

 ・ 原材料を購入して新製品・商品の試作開発

 ⑤ ITを活用した広報や業務効率化

 ・ ホームページの開設やネット販売システムの構築、管理システムの導入

補助金を使って、ホームページの作成やPRチラシの作成・配付して、集客を行えるチャンスです。ホームページの作成の他にも、店舗改装や製造機器の導入など、小規模事業者の幅広い要望に対応する使い勝手が良い補助金となっていますので、是非、応募してください。

4. 補助対象経費

機械装置等、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、車両購入費(買物弱者対策事業の場合に限られます)、設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)、委託費、外注費

5. 補助額・補助率

補助率 補助対象経費の2/3以内

補助額 (1) 上限50万円

    (2) 以下の取り組みは、上限100万円

     ① 従業員の賃金を引き上げる取り組みを行う事業者

     ② 買物弱者対策の取り組み

     ③ 海外展開の取り組みは

    (3) 複数の事業者が連携する場合は、上限100~500万円

6. 申請方法・手続き、補助金受領までの流れ

 

Step1 経営計画書・補助事業計画書の作成

Step2 商工会議所での要件の確認及び事業支援計画書の作成・交付依頼

Step3 平成30年5月18日(金)までに日本商工会議所(補助金事務職)への申請書類一式を送付

Step4 日本商工会議所による審査・採択・交付決定(2018年7月頃?)

Step5 交付決定後、販路開拓の取り組み実施

Step6 所定の期限までに実績報告書等の提出

Step7 日本商工会議所による報告書等の確認

Step8 補助金の請求・受領

 

 

問合せ先

小規模事業者持続化補助金の内容や申請書の書き方のご相談などは、Email (info@galibier.biz) で、お気軽にお問合せください。申請書を作成するお時間がない場合は、申請書の作成サポートも行っています。

次は、採択のポイントとなる審査基準、加点項目を解説します

ヘッディング 1

Copyright © Galibier Tax & Consulting all righet reserved.

認定経営革新等支援機関

ガリビエ税務会計事務所

ガリビエコンサルティング合同会社

兵庫県神戸市中央区東川崎町1-8-4

神戸市産業振興センター7階

info@galibier.biz

Tel: 078-367-1708

Fax:078-367-1718